金沢の都市と交通を考える会(K.CAT)

第1回/第2回/第3回/第4回/第5回/第6回/第7回/第8回/第9回/第10回/第11回/第12回/第13回/第14回/第15回/第16回/

◆第14回市民フォーラム

<フォーラム開催概要> ※詳細はチラシを参照

 テーマ:「金沢版コンパクトシティのすすめ 〜30年後の金沢を見据えて〜」
 日時:平成27年1月10日(土)13:00〜16:50
 場所:近江町いちば館4階 集会室
 参加者数:58名

<フォーラム関連資料>

 □チラシ(PDF、511KB)
 □フォーラムの流れ・出演者プロフィール(PDF、19KB)

<フォーラムの様子>

 第14回目を迎えたK.CAT市民フォーラムでは、「金沢版コンパクトシティのすすめ」をテーマに、市民フォーラム初のワークショップ形式で3つ分野を各2グループに別れて、金沢の30年後の金沢について議論しました。

1.
 金沢市では今後少子高齢化が進行するとともに中心部では空き地、空家が増加し、今後はコンパクトシティを目指すべきと考えられ、3つの視点で30年後の金沢についてワークショップを行いました。
【3つの視点】
 @土地利用×2グループ
 A交通×2グループ
 B景観×2グループ

【ワークショップの進め方】
 ・時間は100分
 ・「金沢版コンパクトシティのすすめ」の内容について意見交換
 ・「金沢版コンパクトシティのすすめ」への新たな視点や切り口のご提案、タタキ台の改善案を議論
 ・グループ内の意見をまとめる

【発表方法】
 ・各グループ10分(発表7分、質疑応答3分)
2.土地利用グループの主な提案事項
 Aグループでは空き地を活用した「コミュニケーションファーム(まちなかの空き地を緑地や菜園)」など。
 Bグループでは金沢まちなかステータス(都心回帰を図るためのステータス向上)など。
3.交通グループの主な提案事項
 Aグループでは三世代で住み継ぐコンパクトシティ金沢(親と同じ町内の家や土地を購入する際に優遇などを行う)など。
 Bグループでは景観を守るためには人の居住が大切(空き地・空家の活用→居住・仕事の場の整備→若者・学生の居住や仕事→賑わいが人を呼びこむ)など。
4.景観グループの主な提案事項
 AグループではLRTの運営形態、マイカーとの関係性、土地利用との関係性など。
 Bグループでは昔の市電ネットワーク(まちの骨格は変えない)など
5.地域別プランの投票
 6つのグループの発表を聞いて、ワークショップ参加者に自グループ以外で最も良かったグループを投票していただきました。
 その結果、「土地利用Aグループ」が最も高い評価をいただき、K.CAT代表の高山純一氏(金沢大学教授)よりプレゼントが授与されました。

 また、今回のワークショップの発表内容等をふまえ、「金沢版コンパクトシティのすすめ(案)」をとりまとめました。

第14回市民フォーラムは、初のワークショップ形式で開催され活発な意見交換が行われ、とても活気あるものとなりました。
これからも大胆かつユニークな視点で、北陸や金沢のまちづくりについて提案をしていきたいと思います。
これからのK.CATの活動にご期待ください!

トップページへ  

Copyright (c) 2007 K.CAT, All rights reserved.